自分の体臭の確認の仕方

男性、女性限らずに自分の体臭って気になるものですよね?
周りの人のニオイは敏感に反応してしまうのに自分の体臭はなかなか気付きにくいものです。
もし自分が強い体臭を放っているにも関わらず、それに気付かず放置してしまっていたら「スメハラ」と指摘されてしまったり周りから不快な顔で見られたリと恥ずかしい思いをしてしまいます。
そこで、自分の嫌な体臭を事前に防ぐためにもスメハラのチェック方法をお教えします。
まず、自分の体臭が分かりにくいのは自分のニオイに鼻が慣れてしまっていることが原因です。
なので、この慣れてしまっている鼻(嗅覚)をリセットすることが大切になってきます。
一番簡単に嗅覚をリセットするには、シャワーを浴びるということです。
もともと嗅覚というのは、鼻の中の嗅素という分子が神経を伝達してニオイを感じる仕組みになっているので、シャワーの水蒸気でこの嗅素を洗い流してあげることが鼻をリセットするポイントになります。
この方法で鼻がリセットされれば、自分の体臭でも敏感に反応することができ不快な体臭があるかどうかを判断しやすくなります。
後は、1日着ていた服のニオイを嗅いでみたり、直接自分のワキのニオイを確認してみたりして体臭をチェックしてみて下さい。
これで強いニオイを感じたり、少しでも気になるニオイがあれば、制汗剤を使用したり、ウェットティッシュでこまめに拭くなどして事前にスメハラの対策ができますよ。